【思いやりスタッフの五つの約束】

【1】 相手から反応を求めない
スタッフの思いが、相手に伝わったら、思いやり完了です♪ 相手から反応が全くなくても、見返りを求めず、寄り添う気持ちが思いやりです。


【2】 相手の思いを考える
スタッフが相手を思った行動が、実は不快になってしまう事もあります。相手が望んでいるか考えた上で、思いやりを形にすることが大切です。価値観というものは、人それぞれ違います。有害支援となっては本末転倒です。


【3】 先の事を考える
今、相手の気持に反する事をしたとしても、先々、相手の為になることであれば、あえて相手を不快にするようなことでも、思いやりとして捉えることができます。我が子を叱るように、無償の愛で人と接することが重要です。

【4】 何もしない選択も思いやりの一つ
あえて何もしないというスタンスも思いやり活動の一つだと思います。相手が望んでいない場合や、手取り足取りお手伝いすることだけが思いやりではなく、失敗を繰り返す経験から、沢山の達成感や充実感を味わうことも大切だと思います。そして相手や思いやりスタッフが目標に達成した暁には、みんなで祝いましょう。


【5】 相手のために活動することが、自分のためにもなる
活動を通じて、我が身や家庭を犠牲にしてしまう事は、思いやりではありません。反対に、自分の気持ちだけを優先した思いやりも、相手にとっては有害支援になってしまいます。このような活動は思いやりではなく「独りよがり」と言うかも知れません。寄り添うには、どうしたら良いか、考えたり活動することが、自分のためにもなる。そんな思いやりの形が作れたら最高ですね。



この度、思いやりスタッフ活動に、ご協力して頂ける方を募集しております。以下、活動開催日をご覧いただき、ご都合の良い日がありましたらお手伝い頂けましたら幸いです。

登録はメールや電話で簡単に行なえます。「小児がんの子供やご家族をサポートをしたい!」という人から、このような活動は初めての人、人と接するのが好きな人まで、様々な人たちが気持ちよく活動に参加されています。皆さん共通しているのは「小児がんの子供の力になりたい!」という想いです。病気の子供たちは皆さんの力を必要としています。興味のある方は是非一度ご参加下さい!心よりお待ちしています!おひとり様の御参加も歓迎いたします。お子様と御一緒に社会貢献活動として、教育の場として、参加される方々も多数いらっしゃいます。

【開催場所】 神奈川県近郊

【活動内容】 難病小児がんに関わる運動・チャリティーバザー・署名運動・募金活動・講演・リサイクル基金など

【応募条件】 
1.性別、経験の有無は問いません。
2.原則として高校生以上。18歳未満の場合は保護者の同意が必要です。
3.注意事項を遵守できる方。
4.署名活動の輪が広がるように、明るい親しみやすい雰囲気づくりを出来る方。

【スタッフ登録】
①氏名
②フリガナ
③性別
④生年月日
⑤職業
⑥郵便番号
⑦住所
⑧電話番号(緊急連絡先)
⑨メールアドレス(パソコンと携帯電話)
⑩思いやり活動に応募しようと思ったきっかけ

上記、登録用紙に記入して頂きますので、宜しくお願い致します。

※冬場の寒い季節となりますので、体が冷えないよう厚着をしてきてください。
※思いやりスタッフ活動に伴い、現地への移動費負担や万が一事故などあった場合には、責任を負いかねますので、その旨、ご理解した上、ご応募ください。
※各イベント、道路許可の関係で 各開催日 定員10人ぐらいとさせて頂きますので宜しくお願い致します。【先着順】